私たちの「地産地消」への取り組み

  • HOME
  • >
  • 地産地消への取り組み

グッドリビングは、住まいの「地産地消」をめざして地域密着型の家づくりを行っています

「ちばの木で家をつくろう」
補助金+25キャンペーン
平成30年5月1日~平成30年10月31日

最大50万円がもらえるチャンス!

平成30年度の「ちばの木住まいづくり支援事業補助金」(1棟あたり25万円)が使える制度がスタートしました。構造材の50%以上を千葉県産材を使用して、千葉県内に建築すると、先着順で利用できる補助金制度です。3年までは50万円の枠がありました。
そこでグッドリビングでは「ちばの木」を使用して建築していただけるお施主様へ、さらに25万円を追加して最大50万円がもらえるキャンペーンを、今年も開始しました。
千葉県森林組合さんとの協定によって燻煙乾燥技術を利用した、高品質の均一な良材をご提供できますので、ぜひとも、とても心地良い香り・色艶の「ちばの木」を多くの皆様に、ご自宅で体感していただけるよう、たくさんのご参加をお待ちしております。

※もし補助金の枠がなくなってしまった場合でも、25万円は、期間中にご成約いただいた方には還元させていただきます。

千葉県では「森林の持つ水源のかん養、山地災害の防止、地球温暖化防止等の公益的機能が十分に発揮されるためには、適切な生産活動を通じて生産された県産材を消費し、林業・木材産業の活性化を図り、森林の循環利用を促進していくことが重要」という主旨のもと、ちばの木の需要拡大を図り、ちばの森林を守り育んでいくことに力を入れており、上記に謳われているように「ちばの木住まいづくり支援事業補助金」という補助金制度が施行されています。
グッドリビングは、提供する素材は、できる限り「どこで、どんな風に造られて、ここに届くのか」を明らかに開示し、極力化学物質を出さず、家族の健康に配慮し、CO2削減にも貢献する家づくりを目指しており、その一環として(上記に謳われている)「ちばの木住まいづくり支援事業補助金」を活用して、地元・千葉県、埼玉県・茨城県の森林組合さん・製材所さんのご協力をいただき、2012年から「地産地消」を基本に、地元・千葉の木の普及に努めています。
地域に根差して地元貢献できる工務店、お引き渡し後も気軽にお寄りいただけるような工務店になれるような取り組みを続けています。

千葉の木で家を建てる … 住む人と一体となって取り組んでいます

グッドリビング2014年から千葉県産材を使った家づくりをスタートしました。千葉県産材の存在を、より多くの方に知っていただき、千葉県で地産地消の家づくりができることを知っていただければと、千葉県農林水産部、中部林業森林復興課の指導のもと、千葉県森林組合、製材・プレカット工場、千葉バイオマス利用促進共同組合、グッドリビングが4社協定を結び、千葉県産材を使った家づくりを通して「森づくりや林業の発展」に繋げようというプロジェクトです。
千葉県森林組合とつくる「ちばの木の家」ホームページはコチラ
グッドリビングの雑誌掲載記事はコチラ

「ちばの木伐採&工場見学・森づくりバスツアー」を開催しています

グッドリビングでは、使用する素材を必ず自分の目で確かめ、手に触れて、納得のいくモノを、お施主様にご提供しています。その一環として、木材に関して、林業に携わる方々が、川上(山の管理者)から川下(製造販売)まで、丹精込めて育てた原木が製品になるまでを、お施主様とご家族で、目で確かめ、手で触れていただける当社独自の見学ツアーを実施しています。木が「どんなふうに育ってきたか?」が手に取るようにわかる山の人、それをいかに適材適所にムダなく全部使う手段を知り尽くしている人、その恵みの恩恵を受けて一緒に成長し、次の世代に伝えていくために(ツアーに)参加する人、それぞれの人たちが「強い絆」で結ばれ、ひとつの物語が家づくりを通して生まれます。

ちばの木伐採&工場見学・森づくりバスツアー

千葉県は、君津・鴨川・安房地域に、野生のサルや鹿が生息する奥深い山があります。この山々では、山(森)を愛する人たちの手によって、ムダな伐採や大量供給を行なわず、古くから(森林と)共存しながら、計画的に手作業で1本1本を大切に守り続けてきました。そんな千葉県の森林には、住宅を建てるうえで柱などに適している木々が数多くあります。
いまや、その森林は成熟期を迎え、50年後の子孫のために植林・育林が適齢期にきています。大型の先進機械設備に頼らず、1本1本を丹精込めて山から切り出し、手間と時間をかけて製品にしていく…そのような過程を通した木の話を聞き、どのようにして皆様のお住いの柱になるのか、また、そこにはどのような方たちが携わっているのか知っていただけるバスツアーです。現地では、特産物を堪能し、日本の食文化に触れ、伐採現場に行き、伐採を実際に体験し、伐採した輪切りはお土産にさしあげています。
さらに、プレカット工場を見学し、部材がどのようにしてできるのか、実際に見聞きできます。
最後は、千葉・君津の山の中にある植樹会場へ行き、全員で苗木を植えます。みんなで汗を流して作業した千葉の山の苗木は、地産地消として子供・孫へと受け継がれて育成されていくことでしょう。
「第1回 ちばの木伐採&工場見学・森づくりバスツアー」結果報告はコチラ
「第2回 ちばの木伐採&工場見学・森づくりバスツアー」結果報告はコチラ
「第3回 ちばの木伐採&工場見学・森づくりバスツアー」結果報告はコチラ

秩父スギ・ヒノキ見学バスツアー

グッドリビングが自信を持ってご提供している土台・柱は、埼玉県秩父山地のヒノキ・杉が標準仕様です。秩父は昔から林業の盛んな地域で、山の手入れ(草刈りや間伐など)をしっかり行っており、土壌が良く、水もきれいな所です。そんな秩父の山地へ出かけて、「伐採 → 貯木場 → 製材所 → 乾燥 → プレカット →製品化」という出荷前までの工程を見て廻ります。現地では、山のあり方、林業の取り組みなどの話を聞くことができ、伐採の様子も"生"で見ることができます。ミニ観光もあり、子供も大人も楽しめるバスツアーです。
「第1回 秩父スギ・ヒノキ見学会バスツアー」結果報告はコチラ
「第2回 秩父スギ・ヒノキ見学会バスツアー」結果報告はコチラ
「第3回 秩父スギ・ヒノキ見学会バスツアー」結果報告はコチラ
「第4回 秩父スギ・ヒノキ見学会バスツアー」結果報告はコチラ
「第5回 秩父スギ・ヒノキ見学会バスツアー」結果報告はコチラ

聞いて・見て・触って・匂いも嗅いで … グッドリビングには「本物の注文住宅」があります。